18歳選挙

event

【ニコ超2016】「しくじらない先生!江田みたいになれよ!?」

出演者:紗蘭(さらっち)、松本鈴香(れぴ)、こにわ、江田憲司

18歳選挙イベント画像

ニコニコ超会議で「しくじらない先生!江田みたいになれよ?!」を4月30日に生中継しました。生徒は紗蘭さん、松本鈴香さん、こにわさん。先生(MC)は江田憲司代表代行です。政治家のしくじってないエピソードを教えてもらい人生の教訓にしよう!と言う企画です。
それでは、簡単にご紹介していきましょう!

18歳選挙イベント画像

「江田憲司のしくじらない数字 5回」のパネルが。
これ、所属した政党の数なんです!
「絶対干される!」と、政党を事務所に置き換えて紗蘭さん。
江田先生「渡り歩いたんならそうでしょう。でもこれは私が作った政党の数なんです」
渡り歩くと平ですが、作ったからこそ、いろいろ重要な役職をやってこられたんですね。

先生のプロフィールの紹介もしていきます。
岡山から出てきて…というところから始まります。
江田先生「やっぱり休みの日は違う人と付き合うこと。異業種交流って業界が違う人と付き合うことが大事。そうするとヒントをもらったり、ひらめきをもらったり、やっぱり考え方も広くなるんですよ」
ああ、こんな考えもあるんだ。こんな人がいるんだ。
こういう発見が大事なんだそうですよ!

天下りなどの政治家の裏の顔が嫌になり、ハワイへ。
これは江田先生が自分で初めて判断した決断だったのだとか。
1年後に帰ってきて、強い頼みから横浜の選挙区で立候補することになったのが、政治家の始まりだったのだそうです。
でも、結果は負け。
偉い人に頭を下げてばかりで全然市民にアピールせず、選挙を甘く見ていたんですね。

自民党をやめてタレントをし始めます。
そして、新しい政党を作ろうと思ったんだそうです。
江田先生「みんなの党って聞いたことある?」
生徒一同「「あるー!」」
政党の名前は使い古されているため、なかなか候補を立てにくいんだとか。
みんなの党という党名は、サザンオールスターズの「みんなの歌」という歌から取ったんですね。

でも、党首の人と合わないと思って、「結の党」を作り、「日本維新の会」と合併し、「維新の党」で共同代表を務めます。
そして、ちょっと飛んで、2016年に「民進党」が誕生。
民主党という名前の名残は残したいということで、江田先生が提案し、決定しました。

18歳選挙イベント画像

江田先生「自民党のライバル政党にしたいんですね。お互い競争して緊張感を持たないと、慢心しちゃいます。緊張感を持って、よりよいものを作るようにしたい」
実は、民進党というのは、国民とともに進むという意味なんです。
国民というのは普通の人を含め、社会的に弱い立場の人のことを指します。
江田先生は、そういう弱い人たちのことを大事にする政治をしたいんだそうです。

江田先生「しくじりいっぱいしましたよ、僕も。だけど、思う通りのことをやって、いいじゃないですか、しくじっても。とにかく前向きにやることが大事だと思うし、どうしてもしくじったら、ハワイに渡ってください(笑)」
ちょうどチャイムも鳴って、終業のお時間です!

江田先生、慣れないながらもしっかり号令をかけます。
江田先生「起立!気をつけ!礼!」
生徒一同「ありがとうございました!」

紗蘭さん、松本鈴香さん、こにわさん、ありがとうございました!

18歳選挙イベントページ

18歳選挙トップページへもどる